東京電力福島第一原発事故で福島県から川崎市に自主避難した男子生徒が、転校先の川崎市立中学校でいじめを受けたと訴えていることがわかった。

生徒は昨年に中学校を卒業して既に高校に進学している。

神奈川県内への避難者を支援している弁護団によると、男子生徒は2011年、小学校6年生の時に同市内に自主避難、翌年、同市立中学校に入学!

続きを読む