中居正広が解散について独白。SMAP最後の日にファンへ送った“5分間の返事”に涙

国民的グループ、SMAPは31日、解散した。

リーダーの中居正広(44)は、自身がパーソナリティーを務める

「中居正広のSome girl’SMAP」の最終回に出演。

くしくも解散日と重なった現タイトルでのレギュラーラジオの最終回だった。

結成から28年、番組開始から21年半、支えてくれたファンのために、リーダーの中居が偽らざる本音を打ち明けている。


よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

約30分に渡って思いを独白した。

コメントは以下の通り。

「中居正広のSome girl’SMAP」最後ですねスペシャル。2016年大みそか。幸か不幸か、31日ですか。う~ん。神様は僕に31日をどういう意味で与えてくれたのかな。しっかりしなさい、務めなさいということなのか。何か意味があるのかなと勝手に解釈しようと思っています。

ちょっとお話ししないといけないことがあるのかなと。僕がお話しすることで、また迷惑かけることがあるのかなと思いながら。

僕にとってこの1年は敏感な、デリケートな時期が毎日続いた。こういう日がめまぐるしく続くと、鈍感になっていく。まひしてくる。それが僕がこの1年で学んだこと。言葉を選んだり、言動を含めて、丁寧にいかないといけない。

自分の私利私欲、好かれたいとかこの期に及んで全くない。自分だけとか、1ミリもなくなる。自分の肯定論を認めてもらいたいがために、嘘をついたり、悪口を言ったり、人の心を踏みにじることはしたくない。

僕は今年1年の言動、行動、決断がすべて正しいなんて全然思っていない。間違える瞬間、不正解の場面、僕はきっとあると思っている。今年は44歳。習ったことのない1年。教わったことのない1年。かけ算、九九、ボールの投げ方、道徳心、お年寄りに席を譲りましょうとか。そういうことが降りかかってきたら先生、お父さん、お母さん、上司、先輩に教わったことを実行できるけど、教わったことなかった。

だから、正解が分からないときあった。何が正しいのか、何周も何周もしてた。だから自分が正しいとは本当に思っていない。人間の真価をとわれる一年だった。それを感じた。

誰も悪くない。僕悪くないと言っているわけではない。この期に及んで認めてもらいたい、好かれたいためではない。何なら僕が悪くてもいい。円滑に行くなら。鈍感、まひしているので、ネット誹謗(ひぼう)中傷、全然大丈夫。比較的見ない方ですけれど、耳に入ってくる。それで円滑に行くなら、どうぞ、どうぞ。

誰も悪くないんですよね。年空けたら、そっとしてあげたいなと。メンバーは今年1年、本当によく頑張りました。よく踏ん張った。いろんな思いがあったと思う。いろんな思いが入り交じって、複雑な思いがあったと思う。

みんなも習ったことのない1年。最後までしっかりSMAPを務めたと思います。ねぎらい、お褒めの言葉をあげてほしいと思います。

ずっと言わないといけないなと思っていた。伝えたくて。ネット、週刊誌はほぼ見ないけれど、さすがに僕でも情報が少々、入ってくる。37万人以上の署名運動、「世界に一つだけの花」の購買運動、ベストアルバムの投票、9月9日、25周年のイベントを各地でしてくれたこと、新聞の広告欄、メッセージをくれたこと、しっかりとまっすぐに僕の目にも、耳にも、何より僕の心に、みんなの全ての思い、ちゃんと届いてます。

お返事のタイミング失ったわけじゃないですが、見てない振り、ノーリアクション、通そうとか思っていたわけではない。お返事遅れたけれど、ありがとう、ありがとうでいっぱい。期待に応えられなくて、申し訳ないでいっぱい。

いつもの僕なら、うっぜー、重いんだけれど、キモイんだけれど、そんなこともいえなかった。みんなの気持ちすごく溢れ出て、そういう思いに純粋に満ちていて、純粋に受け止めました。

返事、遅れて申し訳ない。1月、8月以降、ラジオにもはがき、たくさんきた。紹介されてないはがき。僕ちゃんと読んでますから、読んでますから。

スポンサーリンク

アルバムの特集、アルバム全部聴きました。ノンストップで一気に聴きました。最初、複雑で聴けないかな、無理かな、と思ったが、SMAP側から出しているアルバムですが、ファンの子たちから出たアルバムではないかなと。署名、購買運動、そういう気持ちを受け取るためにも、しっかり聴かないといけないなと、てめえの都合で逃げちゃいけないなと。

感想はSMAPの一番近くで見てますし、一番肌で感じている、SMAPファンの僕としては、みんなとほぼ変わらない選択だったベストアルバム。けっこう一緒じゃんと思いながら聴いた。

これ入ったんだ、とみんなと一緒でびっくりした。1枚目から誕生した順に曲が並んでいる。「Can’t Stop!!-LOVING-」の次、「BEST FRIEND」、早っと。1枚目の前半、どういう思いで選んだのかなと。

もっと言わなきゃいけないことあったと思う。携わってきてくれたスタッフ、共演者、タレント。来年、少しゆっくりしたいなと。28年、あっという間と思わない。性格なのか、前ばっか向けるタイプではない。どこで脱線したのか、立ち止まったのか、道草くったのか、ちゃんと確かめながら前に進みたいタイプ。これからも道草、寄り道すると思う。

来年どういうふうにするか全く考えていない。ゆっくりしっかり確かめながら、進んでいきたい。相葉君、今大丈夫かなと、ちゃんとやってんかなと思う。僕が今どこで何しているのかわからない。僕のわがまま、勝手ながら、僕の好きに締めさせていただきたい。最後の曲。僕の一心で決めさせていただいた。曲紹介するつもりもない。

「中居正広のSome girl’SMAP」も最後、SMAP・中居正広としても最後の放送。

ちょっと声をはりますね。

慎吾!! 剛!! 吾郎!! 木村!! SMAP!! じゃあね!! バイバイ!!

スポンサーリンク

よかったら『シェア』をお願いします!