「福島さん」と深刻なイジメにあった少年。「死にたかったけど、僕は生きると決めた…」

東京電力福島第一原発事故で福島県から川崎市に自主避難した男子生徒が、転校先の川崎市立中学校でいじめを受けたと訴えていることがわかった。

生徒は昨年に中学校を卒業して既に高校に進学している。

神奈川県内への避難者を支援している弁護団によると、男子生徒は2011年、小学校6年生の時に同市内に自主避難、翌年、同市立中学校に入学!


よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

15年3月に卒業するまでの間、同級生1人から

  • 「福島県民はばかだ」
  • 「福島県民は奴隷だ」

などと言われ、「近づくな」と避けられた上、たたかれたり蹴られたりした。

男子生徒と保護者が学校に相談したが、同級生はいじめを否定。

男子生徒は一時期、不登校になっていた。

恐喝され恐怖すら感じた。

差別発言だけでなく、学校帰りに複数人にお菓子やジュースを奢らさせられ断ると

「皆んなに福島原発の避難者とバラすぞ!!」

と恐喝しお金を巻き上げたと本人は証言している。

正直考えられないというか、中学生にもなってという感じがしますが、やはり今回のようないじめはなくならないのが現状です。

転校してきた方も、何もなければずっと福島に暮らしていたと思いますし、好きで引っ越したわけではないですよね。

今回の状況でも不登校にになっていますが、ただでさえ地震や原発事故で追い込まれている方も多いと思います。

そしてそこに追い打ちをかけるようないじめというように、精神的なダメージが大きくないはずがないですよね・・・

この原発いじめは新潟にもありました。

新潟市

東京電力福島第1原発の事故によって、福島県から新潟市に自主避難した小学校4年生の児童が、担任の教諭から名前に「菌」をつけて呼ばれ、登校していないことが判明された。

そして、児童は教諭に

「同級生から名前に菌をつけて呼ばれる」

と相談。

相談したが教諭は、この児童の名前に「菌」をつけて呼んだ。

教諭は市教委に

「『キング』を名前の後に加えたニックネーム、愛称のつもりだった」

と説明しているが、市教委は担任の言動を「軽率で大きな問題」としている。

この事件も耳を疑う出来事です。。

スポンサーリンク

学校の対応

学校側は今回のいじめについて、知らなかったということで、学校だけではなく、市教育委員会も一緒になり、いじめの事実について確認していくとのことでした。

本当に知らなかったのかなどということはわかりませんが、同じような境遇の子がいじめにあうケースが何件か出ていたので、注意してみておくことは可能だったと思います。

しかし今回は新潟とは違い、中学生ということもあり、見つからないところでやっていた可能性も十分に考えられますよね。

担任や新たな学校の対応などありましたら追記していきたいとおみます。

今回いじめのあった学校

hitots06-300x200

ニュースでも写真を取り上げられていた神田一橋中学校になります。

神田一橋中学校のホームページにいじめ対策などが記載していますが。

対策することはもちろん大切です。

ですが、いじめが起きた場合に、素直に学校名を公表して謝罪する。

それが、社会の道理なんじゃないでしょうか?

中学生はまだまだ子供なんです。

物事の良し悪しも分からない子も当然いるので、いじめを完全になくすことなんて無理だと正直思います。

ただ、管理する側の大人がこそこそして学校名も公表しないなんて。

いじめが起きても仕方がないですね。

学校側がきちんとしないといじめがなくなることは絶対にないでしょう!

あなたは、どう思いますか?

スポンサーリンク

よかったら『シェア』をお願いします!