365日のうち誕生日が多いのは、断トツで「●月●日」だった。あなたは何位ですか!?

誕生日って中々、同じ人と巡り合わないですよね!

今回は、一番多い誕生日を調査したという表に基づいて紹介していきます。

よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

人にはそれぞれ誕生日に思い入れってあるものですよね。

「私は◯◯さんと同じ誕生日だよ」なんて、得意げになっている人も多いのではないでしょうか?

ただ、よく考えてみると1年は365日ですから、それぞれの誕生日って365分の1の確率になるはずですよね。

ところが・・・

実は、誕生日を調査してみると「日ごと」に誕生日の分布は大きくばらつきがあるのだそう。

調査したのは、@nark202さん

例えば

「1年のうち最も誕生した人が多いのは◯月◯◯日。」

そして、

「最も誕生した人が少ないのは◯◯月◯◯日なんだそうです。」

裏を返せば、誕生日の多い少ないは、ちょうど10ヶ月前に子作りをした人が多いか少ないかってわけで・・・

ネットでは、この調査がメチャクチャ話題になっています。

 

話題の誕生日調査

「1年のうちで最も誕生日が多いのは12月22日。」

「逆に誕生日が少ないのは1月1日のようです。」

スポンサーリンク

まあ、12月22日が突出して多いのはわかりにくいですが、1月1日が少ないのは単純に元旦だから出生届が難しいということでしょうか?

興味深いのは、8月や9月あたりに誕生日が集中している点。

10ヶ月前の10月や11月は人恋しい季節なので、必然的に子作り行為に励む人が多いということなのでしょう。

逆に、2月3月に生まれる人が少ないのは、10ヶ月まえの4月・5月が忙しいから・・・ということなんでしょうか?

誕生日の分布を見てると、なにかと妄想しちゃいますね!

なお、この調査結果は、ツイッターで大反響を呼び、たくさんの人からコメントが寄せられています。

 

ネットの声

    • 「5月→前年の夏休み 9月→前年のクリスマス 12月→前年のバレンタイン だな。」

 

    • 「この表から10ヶ月程度さかのぼれば、日本の子作り最繁忙期がいつ頃なのか見えてくると思った。 出生届の時期云々があるから一概には言えないけど」

 

  • 「夏は暑いからベタベタすんなと…性に開放的になる!とかいう煽りは良く目にしますけど、あくまでひと夏の恋ってことですかね」

などの声がありました。

いかがでしたでしょうか?誕生日にここまでばらつきがあるって、ちょっと驚きです。

これから子供を作ろうと思ってる皆さんは、あえて誕生日の少ない月あたりを狙ってみるのも手かも知れませんね。

スポンサーリンク

よかったら『シェア』をお願いします!