高速道路でICを間違えた…そんな時、無料で戻る方法があった!

高速道路でICを通りすぎてしまった…

JCTで間違えて違う方向へ行ってしまった…

そんな時、追加料金なしで目的のICに戻ることができるって知ってましたか?

よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

うっかりICを通り過ぎてしまった…そんな時!

「高速道路でICを通りすぎてしまった…」

「JCTで間違えて違う方向へ行ってしまった…」

こういった経験がある人もいるのではないでしょうか。

そんな時、どうしてますか?

泣く泣く余分なお金を払って、最寄りのICで降りて・・・目的のICまで引き返す。なんてことしてませんよね?

実は、間違えてしまった場合でも、最寄りのICの係員に申し出れば『特別回転』という特別措置を受けられる場合があります。

そうすれば、余分な料金を支払うことなく、目的のICまで引き返せることが出来るんです!

 

法律ではこう書かれている

NEXCOの説明にはこうあります。

少し長いですが、「特別回転」についてキチンと書かれていました。

第51条
単純支払方式の高速道路において、通行止めその他の理由により当社の指示により本線上で転回する場合は、当社は、退出するインターチェンジ等を指定した上で、利用者に特別転回証明書を交付します。

ただし、転回する車両に対して次項の処理を行う場合において他の車両と区別できるときは、交付しません。

利用者が指定されたインターチェンジ等から退出した(前項で特別転回証明書の交付を受けている場合は、当該証明書を提示又は提出した)場合において、当該利用者がすでに当該通行区間の料金を支払っているときは、払戻しを行います。

なお、当該通行区間の料金を支払っていないときは、当該指定された料金所で料金を支払うことなく通過できます。

要は、道を間違えてしまったとき、料金所の係員にその旨を伝えると『特別転回証』という証明書を発行してくれて、目的のICまで無料で戻ることができる!という制度です。

スポンサーリンク

『特別措置』の手順とは?

①まず、最寄りの料金所に向かいます。

出口の有人ゲート(「一般」と表示された緑色のゲート)へと向かいます。

この時、ETC利用の方はカードは抜いておきましょう。

②係員さんに声をかけて、乗り過ごしてしまった旨を伝えます。

通行券に「特別転回承認」の印を押してもらいましょう。

ETC利用時は、通行券の代わりにETCカードを提示します。

③いったん一般道に出て、反対車線へUターン。料金所へと戻ります。

そして、再び「一般」の入り口で、通行券またはETCカードを提示すれば、係員さんが手動でゲートを開けてくれるそうです。

◆注意点

特別転回を行う、ICの構造によっては、転回すること自体が不可能な場合もあります。

スマートインターや、有人のゲートがない場所では、最寄りのICを降りて一般道を戻るか、改めて高速道路に入り直さなければなりません。

すべての高速道路で適用されるわけではないようですので、ご注意ください!

 

実際に「特別回転」をする動画がこちら

また、名前に「特別」と付いているように、本来は事故や異常気象、工事などで目的のICが使えない時のために用意されているルールなんだそうです。

乗り過ごしてしまった時にも利用できるなんて助かりますね。

皆さんも、いざという時には利用されてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

よかったら『シェア』をお願いします!