生活保護だけで月収30万受給。女性「減額されたらおしまい!」→その泣き言に批判の嵐が・・

「生活保護」それは、生活が凄く困難になった人病気などで働けなくなり、生活費を稼ぐことができない人が対象である。

だが、それを悪用し受給している人も中にはいます…

よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

メディアなどで紹介される生活保護を悪用し続ける受給者たちは、ほんの一部です。

他にも、受給したお金でパチンコで豪遊したり朝から泥酔いするなど、数え切れません。

今回、紹介するのは、2013年3月6日、大阪版の朝日新聞に「貧困ととなりあわせ」という記事が掲載されている、とある女性の生活保護の受給を巡って批判の声が多くありました。

「貧困ととなりあわせ」で紹介されたのは、中学校2年生と、小学校5年生の2人の子供がいる母子家庭の生活保護受給者です。

驚くことに、親子3人で毎月29万を生活保護を受給していたのです。

 

驚くのは、次です。

 

支給額の内訳としては、

住宅扶助:54,000円

・生活扶助:219,580円

・教育扶助:19,000円

・合計:292,580円

計算すると年収400万円を超える額になります。

働かずに毎月29万円を持っていれば十分すぎますね。

むしろ多いくらいにも感じます。

この額は一般社員の平均年収よりも多いのです…

そしてこの女性は、記者の取材に対しこのように述べている。

生活保護の支給額より高額の収入になるのは難しいが、子供に劣等感を持たせたくない。

今でも食べ盛りの子供2人と自分で食費を1日1500円に切り詰めている。

これ以上減額されたら私の食費を減らすしかない

出典:Academic Box

これだけ貰っておいて、いかに自分の生活が苦しいのかを記者に訴えています。

この女性の発言に対して、ネットでは炎上の嵐…

そして、29万円の驚くべき使い道が明らかに!!

スポンサーリンク

使い道!

女性の驚くべき使い道がこちら

・家賃 54,000円

・食費 43,000円

・電気代 5200円

・ガス代 8300円

・水道代 0円

・携帯電話代 26,000円

・固定電話料金 2000円

・おやつ代 7000円

・外食費 2000円

・日用品 37,000円

・灯油代 4000円
(
※石油ストーブなど含む)

・交通費 1000円

・医療費 2700円(
※市販の風邪薬
)

・被服費 20,000円

・交際費 11,000円

・娯楽・習い事費 40,000円
(※主に子供の習い事
)

・学校関係費 13000円

・残高 15,380円

ざっと見てもおかしな点がいくつもあります。

おかしな点は「娯楽・習い事費 40,000円
」

いくら大切な子どもだとしても生活が辛いために入った生活保護なのですから習い事や娯楽を少し抑えるべきなのではないでしょうか。

 

ネットの声

  • 「俺の給料より高いじゃねーか」

 

  • 「真面目に働いてるのがバカバカしくなってくるわ」

 

  • 「生活保護をもらってない家でも、子供の習い事に4万円もかけられないだろ普通。」

 

  • 「必死に働いて月20万円程度の給料から納税したお金で、こんな奴が自分らより贅沢してるなんて許せないと思うのが妥当だろ。」

 

  • 「一回求人広告でも見てみろよ。月29万円を稼げる仕事なんかほとんどねーから。」

などの声がありました。

お金に対する価値観をこの女性には分かって欲しいと思います。

29万円は高額な金額で、働けずに貰えるお金だからと言って全て使かおうとせずに、少しずつ貯めて、自分で働けるような努力をして頂きたい。

このような生活保護受給者を管理して行く必要がありますね。

スポンサーリンク

よかったら『シェア』をお願いします!