闘病中の恩師の前に、400人もの生徒が集まる。その理由に涙する…

アメリカ・テネシー州にある高校でラテン語の教師をしていたベン・エリスさんは、食道ガンと診断されて以来、学校を休んで闘病生活を送っていました。

よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

「今こそ恩師に恩返しがしたい」400人もの教え子が集まる

アメリカのテネシー州にある高校「Christ Presbyterian Academy」で、ラテン語の教師をしていたベン・エリスさん。

2015年12月に食道ガンと診断されて以来、学校を休み、闘病生活を送っていました。

そして、さまざまな化学療法を試みましたが、ガンが肺に転移するなど病状は思わしくありませんでした。

治療を断念し、ホスピスへの入院も検討しているような状況だったといいます。

そんな、闘病生活を送っていたある日のことでした。

エリス先生は窓際に呼ばれます。

そして、窓の外を見ると・・・

そこにはエリス先生を慕う400人以上もの教え子たちの姿がありました。

「今こそ先生にお返ししたい」と、教え子たちが先生の自宅前に集まり、エリス先生のためだけに讃美歌を歌い始めたのです。

エリス先生は驚きを隠せません。

中には、歌いながら涙ぐむ生徒も。

その様子を撮影した映像がこちらです。

エリス先生は、穏やかな表情でしっかりと生徒たちを見つめながら、生徒の歌を聴いています。

一緒に口ずさみながら、聞き入る姿に、思わず目頭が熱くなります…。

スポンサーリンク

恩師と教え子の愛に、多くの称賛の声

この映像はFacebookで公開され、たくさんの人々に感動を与えました。

再生回数は3400万回以上、投稿は65万近くもシェアされ、多くのコメントが寄せられました。

  • こんなに素晴らしい教師と生徒の関係を見たことはない
  • こんな美しい瞬間を見たことがない。エリスには1日も長く生きて欲しい。神のご加護を。
  • 本当に素晴らしい
  • 彼は多くの人に愛を与え、愛されていたのだろう
  • エリスさんが与えた愛のために。そして、生徒たちが返した愛ために祈ります
  • 涙が止まらない。本当に美しい歌声だ

また、生徒の母親からもコメントが寄せられていました。

生徒たちはエリス先生が大好きでした。
彼から与えてもらった愛や思いやり、優しさを精一杯の気持ちでお返ししようとしたのでしょう。

先生は希望と喜び、平和と慈愛に満ち溢れた人です。

温かな愛を与えてくれたエリス先生に、生徒たちが愛を贈る。

本当に素晴らしく、感動的なシーンに立ち会えたことを嬉しく思います。

生徒たちの愛は、確実にエリス先生に届いたことでしょう。

スポンサーリンク

よかったら『シェア』をお願いします!