住民から「子供の声がうるさい」と苦情の声。管理人が配った「意見書」に胸に絶賛の声。

とあるマンションでの、子どもの泣き声に対する苦情が管理人さんに寄せられました。

その声に対し、管理人さんが配布した『意見書』が胸に刺さると話題になっています。

よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

『子どもの声がうるさい』

いつの時代も、近隣住民とのトラブルは変わらず絶えないものです。

多くの人が入居するマンションや集合住宅では『騒音』に関するトラブルが多く目立ちますよね。

中ファミリー向けの物件では、必ずと言っても過言ではないほど、問題になるのが「子どもの声」です。

ある大型マンションで起きた話です。

ある日、子どもの泣き声に対する苦情が、管理人室へ寄せられました。

「隣の家の泣き声がうるさくて、夜も眠れない。なんとかしてほしい」

「夜中にも関わらず大きな泣き声が聞こえてきて、眠れない。こんなところには住めない」

「子供の声がうるさすぎる。騒音」

管理人室に寄せられたのは、3世帯からの苦情の声。

相当、悩まされていたのでしょう。

かなり強い口調で、子どもの声に対しての不満が綴られていました。

スポンサーリンク

その苦情に対し、管理人さんは「意見書」という形で、メッセージを綴ります。

そして、3世帯に対してこの意見書を投函しました。

この住民へ配布した「意見書」が胸に刺さると話題になっています。

その意見書とは・・・  

『意見書』

管理人の○○です。△△△号のお子様の泣き声等に
関わる騒音のご意見、拝読しました。

この度、管理会社に稟議を通し、特別予算として、
子供の泣き声に対しての防音措置を取るべく
防音シートの購入予算を確保いたしました。

(中略)

取り急ぎ、△△△号の部屋に防音シートを
施工することが決まっており、これによりかなりの
防音効果が見込めると考えております。
またご希望者には△△△号に隣接している部屋に
対しての防音シートの施工を行いますので、
ご希望の場合は管理人室までお申し付けください。

ただ、一点、管理人の○○から、個人的な考えを
お伝えさせていただきたいと思います。

私たちには皆、幼少期がありました。
個人差はあれども、私たちは記憶にない時間の中で、
幾多の癇癪を起こし、部屋を汚し、お漏らしをし、
他人に迷惑を掛け、そうして今の時まで
成長することができました。

それができたのは、記憶にもない時期の、
迷惑極まりない赤ん坊行為を数多くの人々が受け入れ、
許容し、それでも愛してくれたからではないかと考えております。

(中略)

今回、△△△号のお子様の泣き声等について、相当の
ストレスを抱えていることと存じます。

ただし、それは、私たち大人が記憶にない幼少期に
やったことと、全く同じことなのです。

その時、親は、近所の人は、町の人々は、どのように
あなたのことを見ていたでしょうか。

迷惑と責め立て、騒音と扱い、排除しようとしていたでしょうか。

(中略)

この度、生活に支障をきたしているということを
理解した上で、特別措置を行いました。

ただそれでも尚、私たち大人のあるべき姿として、
赤ん坊行為を排除する様な態度・言動を行うのは控えた方が
いいのではないでしょうか。

彼ら・彼女らは、まだ記憶もない赤ん坊です。
泣くのが仕事です。
迷惑をかけながらも成長するのが仕事なのです。

どうか、マンション内や近隣の場所で△△△号の
家族や子供に会った時は、温かく受け入れる様、お願い申し上げます。

すると、管理人さんの意見書に共感したのか、この苦情元の住民から防音シートの施工依頼は一切なかったそうです。

この管理人さんの話を聞いて、自分が幼いころも、多くの大人が受け入れてくれていたのだと思い直しました。

そして、すべて『お互い様』なんだということを、忘れてはいけないと感じました。

スポンサーリンク

よかったら『シェア』をお願いします!