ローラ、幼少期の苦悩を告白。貧しく複雑な家庭環境だった…

2月15日、タレントのローラが、幼少時代、貧しく複雑な家庭環境だったことを明かしました。

7歳のころに来日したローラは”日本語が一切喋れなかった”と言います。

幼い頃の貧困・複雑な家庭環境を明かす…

最近、ハリウッドデビューも果たしたタレントのローラさん。

普段の明るいキャラクターからはとても想像できないような、過酷な幼少期を過ごしていたことを明かしました。

ローラさんは「今日はマジメにすべて言おう!」と覚悟を決めたそうで、これまであまり語られることのなかった幼少時代を、赤裸々に告白しています。

ローラさんは、7歳のころに父と双子の兄とともにバングラデシュから来日したといいます。

「家賃数万円の団地にずっと住んでたの。

日本に来たのが7歳の頃とかで、ベンガル語しかしゃべれなくて、

日本語が一切、全然しゃべれなかったの

日本語が話せずにとても不自由な思いをしていたといいます。

「文化も全然違って、家族といってもお母さんがいなくて」

「その時に新しいお母さんがお家に来て。

新しいお母さんは中国の人で、中国語しかしゃべれないの。

お父さんは、ほとんど家に居なかった。

で、緊張してたの。いつも家に居ることが

裕福ではなく、複雑な家庭環境で育ったことを明かしました。

また、小学校に通い始めたころのことを振り返ると、

苦しかったけれど、あの頃に戻りたくないと思わない。

言葉もあまりしゃべれないし、肌の色も皆と違うけれど、いじめられたことが1回もないの。

先生とか温かい人達に感謝してて」

また、クラスメイトの言葉の意味がわからないローラさんは、ジェスチャーでコミュニケーションを図ることが精いっぱいだったといいます。

現在、身ぶり手ぶりが多いのも「そのクセが付いてるんだと思って」と笑いながら語っていました。

「小さい時の(日本語を)しゃべれない悔しい思いは、強いパワーになって後からやってくる。

その経験があるから今の自分がいると思う」

また、幼少期に苦労した経験が、芸能界で頑張れる原点につながっていると力説しています。

 

 

ローラ、将来の『夢』壮大なビジョン明かす

将来の夢について問われたローラさんは「恵まれない子供達のための学校を作る」ことだと明かしました。

ローラの友人である綾小路きみまろ(66)さんは、ローラさんの夢について以下のように話します。

「将来おばあちゃんになったら学校を作って、

恵まれない人たちを集めて、教育の現場で教えてあげたい。

そういう施設を作りたいとしっかりとした口調で話していた。

ただただ感心しました。」

ローラさんは、「夢を持っている人達のヘルプができたらいいなって。自分ができることって何かなと思って」と、自身の夢を力強く語っていました。

よかったら『シェア』をお願いします!