養護学校でサッカーするカズ。記者「人気どりですか?」→その質問に後悔することになる…

サッカー選手としてもう直ぐ50歳を迎える「疲れを知らないサッカー選手」として有名なカズさん。

数年前カズさんは、養護学校に訪れ子供達とサッカーをしてた時の話です。

よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

キングカズこと三浦知良選手は、横浜FCに所属するサッカー選手です。

カズさんは学生の時からサッカーが特別上手かったわけではなく、努力を続けてプロサッカー選手になり、地道なことも怠らず努力をし続け、日本代表までなり一時代を築いた日本サッカー界の“レジェンド”

その努力は、今もなお続けており所属する横浜FCからも絶大な信頼もあり50歳になるカズさんにサッカー選手として契約を結びました。

この、契約は日本だけでなく、海外メディアでも取り上げられ今や世界の“レジェンド”として語り継がれるのではないでしょうか。

そんな、カズさんがマスメディアなどを通さず、数年前に養護学校を訪れ子供たちとサッカーをしていた時の話です。

通常、有名選手などが、学校などに訪れる際は、マスメディアを通し、ある種のパフォーマンスとしてするものなので、記者達もなぜそのよなメディアでも報道されないことをするのかを疑問に思っていたそうです。

そこで、ある一人の記者が、本当は

  • 『人気取りのために行っているのでは?』

と疑問に思った記者がいました…

 

サッカーを楽しむキングカズ

カズさんは、マスメディアに通さずに養護学校を訪れるのは何回もきているという。

カズさんは、記者が張り付いていてもいつもと変わらずにジャージに着替えて、障害を抱えてる子供達と中庭に行き楽しくサッカーを始めました。

その中には、うまく歩けない子供もいた。

その子供は何回も何回も転びその度に諦めず立ちまたボールに向かい走り出しました。

いつしか記者もその子に釘付けになりその子を取り始めました。

やがて時間が過ぎてカズさんは、着替え終えて子供達に満面な笑みで手を振りながら

  • 「今日もありがとう」

と言って車の方に向かった。

スポンサーリンク

記者は「今日もありがとう」と言うカズさんに耳を疑うも急いで突撃インタビューをしました。

記者

「カズさん、お時間よろしいでしょうか?こうした施設に何回か訪れ子供達とサッカーをしてあげると言うことは、何か狙いがあるのではないでしょうか。好印象や人気取りとかでしょうか?」

突撃インタビューで、とても不快な質問に対して三浦知良選手は、笑顔で言った。

カズさん

「僕が彼らに何かをしてあげてるって?いいや!そんなことはない、逆に僕が何かをもらっているようには見えなかったかい?」

こう言うとカズさんは、車を走らせて立ち去ったそうです。

記者は直ぐに撮ったテープを巻き返した。

 

そこに映っていたのは…

記者はそのテープを観て直ぐに後悔することになった…

なぜなら、自分が撮影したカメラにはカズの姿は殆ど映っておらず、その殆どが泥だらけになりながらも、何度も何度も倒れながらもボールに向かっていく障害者の子供達の姿だったのだから。

これぞ、キングカズ!!

真のスーパースターは、その一つ一つの行動が素敵なんですね。

カズさんがサッカー選手であるうちに、一目でいいので彼のプレーを観てください。

なぜなら、今の自分に足りないものがなにかきっと見えるはずです…

スポンサーリンク

関連記事

C・ロナウドが『タトゥー』を入れないたった一つの理由に絶賛の声!