息子に「こんなクズ産むんじゃんかった」と言う母。それに対する答えが秀逸すぎる…

子供は、日々成長し大きくなっていきます。

それと同時に、親の言う事を鵜呑みにして、遊んでばかりいる子も多いかと思います。

子育てに疲れる母親の気持ちも分かります…

よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

子育ての大変さ

近年、経済の状況が悪くなっている中、夫との稼ぎがどうしても少なく、生活費、教育費などの出費がありどうしても子育てをしながら働きに出ないと行けない主婦がたくさんいます。

家事分担をせずに主婦だけに全てを任せると当然のごとくストレスが溜まってきます。

そのストレスがある中、子供が自分の言う事を聞いてくれないかったら腹が立ちますよね…

ただし、子供の間違えは当然のことで、失敗も当然します。

本当に失敗をした時だけ叱り、それ以外は暖かい目で見守ってあげることで、子供は自ずと自分の道を見つけて成長するものです。

 

今回紹介する母親は、その状況に嫌気がさしてしまい。

「こんなクズ産むんじゃんかった」

と新聞の投書欄に心情を綴った投稿をしたそうです。

 

ゲームばかりしている…

※新聞の投書欄の投稿はこちら。

 

40代の会社員女性。シングルマザーです。

中学3年生の息子がどうしようもなくて、嫌になります。

高校3年の娘は大学受験に向け、親の私が驚くほどに熱心に勉強しています。

それに対し、息子は部活を辞めさせられて以来、スマホのゲームばかりしています。

同居する私の母親が息子のことで私に小言を言い、私は怒りを10倍にして息子にぶつけ、ケンカになる。

いつも、この繰り返しです。

将来、こんな調子で定職に就かず、家でごろ就かれても困ります。

息子を私の人生から抹消したいとさえ考えます。本人にも、

「こんなクズ、産むんじゃんかった」

と言います。

一時は、息子の人生は息子が決める、私は明るくしてさえいればいいと、自分に言い聞かせていました。

でも、こんな日々がいつまで続くのかと思うと、今、更生させるべきなのかと悩みます。

きっと息子さんにも

「部活を辞めさせられた」

ことが頭にきて反抗をしているのかもしれません。

母親は息子さんの気持ちを考える余裕すらなかったのでしょう。

この投稿に対して素晴らしい回答が返ってきました。

スポンサーリンク

回答に母親も納得!!

※回答の投書欄の投稿はこちら。

子供は必ずしも、親の思い通りに育たないものです。

さりとて自分の人生から息子さんを抹消したいとは尋常ではありません。

「こんなクズ、産むんじゃんかった」とまで母親から言われて、よく息子さんは耐えていると思います。

お手紙には、部活を辞めさせられたと書かれています。

事情がよくわかりませんが、高校受験か何かを理由に、息子さんの意思とは無関係にやめさせられたのでしょうか?

そうでしたら、気持ちの整理がつかないのは当然です。

しかも、家の中では、対照的に優等生のお姉さんが輝いていて、

自分をめぐって祖父母の小言が飛び交い、母親からは存在を全否定されているのです。

唯一の逃げ場がスマホのゲームになっているのだと思います。

あなたはすでに息子さんを精神的に抹消しているのと同然です。

まず息子さんへの接し方について率直に謝ってください。

今、何を考えているのか、何をしたいのか、じっくり聴いてください。

娘さんと比べることはやめて、息子さんの良いところを探してください

この先、引きこもったり暴力を振るったりするほど追いつめないために、即刻あなたの心と態度を改めるべきです。

大学教授の素晴らしい回答ですね。

思わず拍手しそうになります。

親の意向で部活も辞めさせられてしまった息子さんは、とても辛く、誰にも相談できず、苦しみの余りゲームの世界に逃げてしまったんだと思います。

「こんなクズ、産むんじゃんかった」

そう言われて耐えていた息子さんは、きっと強く成長すると思います。

ネットの声

  • 「おっしゃる通りだわ。自分の思い通りに育ったらそれはクローンだろ」
  • 「母親より祖母の方が残酷だわ」
  • 「本当に子供を愛しているのかなぁ?愛してたらこんな言葉出てこないと思う」
  • 「これはぐれて犯罪を犯してもおかしくないレベルだろ」
  • 「暴力まで発展しなくて良かった。大学受験カミってる」
  • 「母親の気持ちも分かる…母親も相当追い詰められていたな」

 

などの声がありました。

母親に限らず自分の都合だけでなく、子供のくすぶってる気持ちも引き出して尊重してあげるべきだと強く思います。

皆さんも帰ったら大切な人と会話をして、今の相手の気持ちを聞いてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

よかったら『シェア』をお願いします!