清水富美加が芸能界引退「神のために生きたい」幸福の科学へ出家か…

2月11日、人気女優の清水富美加(22)が宗教団体「幸福の科学」を信仰していることを明かし、「出家」するため芸能界を引退することが明らかになりました。

よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

突然の「出家宣言」なぜ今なのか?

ことの発端は、先月1月19日だったといいます。

幸福の科学グループ創始者である大川隆法総裁が、著書「女優・清水富美加の可能性 守護霊インタビュー」を2月3日に出版します。

その出版に関連し「幸福の科学」のホームページ上で、清水さんについて語る動画がアップされました。

そのことを知ったマネージャーが、清水さんへ「知ってる?」と確認。

すると清水さんは「実は信者です」と告白し、「幸福の科学」の信者であることを明かしたといいます。

両親が信者で、清水さん自身も幼いころから信仰していた…マネージャーは2008年のデビューから、その日まで、全く知らなかったと明かしました。

そして1月下旬、清水さんは「仕事をやめて、幸福の科学に出家します」と宣言したといいます。

本人の意思は固く、マネージャーや事務所が説得できる状況ではなかったといいます。

仕事を全てキャンセル…事務所も連絡取れず

(「にじいろジーン(フジテレビ系)」にレギュラー出演していた清水富美加さん)

清水さんは、2月に入ってからも何事もなかったように仕事を続けていました。

ですが、2月4日「にじいろジーン(フジテレビ系)」を最後に、体調不良を理由に仕事をすべてキャンセルし、仕事現場に来なくなったとのことです。

所属事務所は、現在まで本人と連絡が取れない状況だと明かしています。

突然の宣言で契約トラブルも浮上しているといいます。

また、スポンサーや出演映画の会社などに、本人の引退の意向を伝え謝罪に出向いているとのことです。

スポンサーリンク

幸福の科学が公表した「直筆メッセージ」

2月12日、「幸福の科学」が、清水さん直筆のメッセージを公表しました。

全文は以下の通りです。

ファンの皆様、関係者の皆様、友達、飲み友達、私と話したことがある人、知ってくれている人。

突然に、本当に突然に、芸能界から姿を消して申し訳ありません。

お世話になっていた現場や、共演者さん、スタッフさん、関わらせて頂いた方々にご迷惑をおかけしている事、しっかりと自覚しております。

しかし、約8年、このお仕事をさせていただきましたが、その中でお仕事の内容に、心がおいつかない部分があり、しっかりとした生活が送れず、毎日がギリギリの状態でした。

なので今、出家したいと思いました。

私、清水富美加は幸福の科学という宗教に出家しました。

なんで、それで、出家することになるのか、皆さんにとっては、何もかもが意味不明だと思います。

幸福の科学が、宗教が、出家というものが何なのか。

「出家したい」と言ったら、マネージャーさんにも、「意味が分からない。やめてくれ」と言われました。

無宗教の方が多い現代では、誰もがするであろう反応ということも分かっております。

それでも、神とか仏とか、あの世とか、確かめようのないもの、この目で見たこともないものを、私は信じ、神のために生きたいと思いました。

出家を決意してからは、安定した生活が送れるようになっております。

皆様から見たら洗脳とも取れるであろうこの一連の出来事やこの約8年間で感じてきた素直な気持ちを、これから、偽りなく、明かしていきたいと思います。

どうかこれからも温かい目で見守って頂ければ幸いです。

本当に本当にありがとうございました。

2017年2月吉日

清水富美加

突然の出来事ですので心配になりますが、彼女が行なった事は、決してやってはならない事だと思います。

スポンサーリンク

関連記事

孤立する生徒に対して坂上忍が「社会に出たら仕事ねぇから」と苦言