車内の席を譲ってもらえない妊婦がネット状で苦言!納得の声もあるが…

優先席では「妊婦や高齢者の方に席を譲る」となっていますが、

未だに暗黙の了解となっております。

その事について、妊婦さんのTwitter投稿が話題になっています。

よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

マタニティーマークの現状とは…

あなたはマタニティマークを知っていますか?

妊娠・出産に関する安全性と快適さを目指し作られたものですが、

近年このマタニティマークの在り方が問題になっている。

出産を終えた母親がネットで売却し、

妊婦ではない女性がつけていることがあり問題になり、

さらにマタニティマークを付けていてお腹を殴られたという声もある。

そういったこともあり、

マタニティマークはあまりつけないように指導する産婦人科もいるようです。

 

 

誰も譲ってくれない…

ある女性がマタニティーマーク付けて電車に乗って優先席を譲ってくれないと

ツイッター上に投稿されました。

投稿したのは@saerealさん。

投稿によると、電車で席を譲ってもらえなかったことを話しています。

 

仕事終わってぐったりして電車に乗っていますが、

5人掛けの椅子が2つ並ぶまえにいて、

10人が座っていても、当然誰も席を譲ってくれたりは

しないというのがマタニティーマークの現状です。

@saerealさんは、譲ってくれない現状に不満を抱いている様子です。

この投稿がキッカケで、物議をかもすことになるのです。

この投稿に対してコメントが

  • 「妊婦であれば混まない時間に電車に乗れば!」

という返信が返って来ました。

@saerealさんは、次のようにコメントしました。

ベビーカー論争のときもこういう話しありましたね。

通勤時間を自分で自由に選べるような職業についている人、

時間的な余裕を持って動ける立場にいる人がどれくらいいるんでしょうか。

@saerealさんの言い分も分かりますが、

席を譲のを当たり前のように聞こえてしまいます。

さらに、みんな仕事などで疲れているので、

  • 「本当に座りたいのであれば、一言声をかけてみたら」

という意見もありました。

スポンサーリンク

これに対して@saerealさんは、

次に「譲ってほしいなら声を上げるべきだ」問題。

私は個人的に席を必要な人が声をかけるべきことだとは全く思いません。

なぜなら「席に座る」という行為は一部の人の権利でもなんでもなく、

すべてのひとが座れない状況では、あくまでも早いもの勝ち、

譲り合いのもとに成り立っているものだから。

また、高齢者、妊婦などの目に見える指標を持たずとも

席を必要とする人がいるなかで、譲ってほしいと特定の誰かに

声を上げるのは難しい

(もちろんそうしてもいいと思うけれど、私はその言葉の強制力を知っているのでしない。)

だから席の譲り合いは、あくまでも思いやりで行うべきものと思う。

あくまでも思いやりで席を譲って欲しいと主張しています。

この物議に対してのネットの声

  • 「席を譲ってくれるのを当たり前と思っている内は誰も譲ってくれないよ」
  • 「こっちも仕事で疲れているから余裕がない」
  • 「この投稿見て余計譲りたくなくなったよ!座っている人たちにも座っている人たちで理由があるんだからさ」
  • 「声は掛けられないのにネットでは言うんだね」
  • 「妊婦のことわかってないね!男性には分からないでしょ!」

 

などの声がありました。

多くの声は批判的な声でした。

みんな疲れているのは一緒ですから、妊婦などに対して

  • 「なんで特別扱いしないといけないの?」

 

と思うのも無理はありません。

ですが、現に席を必要としている方も中にはいますので、少しでもいいので思いやり

を持って接して下さい。

妊婦さん側も、席を譲るのを当たり前と思わず席を譲ってくれる方には感謝することの謙虚さを持って下さい。

この@saerealさんの投稿で、席を譲る方、譲られる方が気持ちよく

接する環境ができたら嬉しく思います。

スポンサーリンク

よかったら『シェア』をお願いします!