マックの肉の真実!!そして、「ミミズ肉の都市伝説」は本当なのか?

マックドナルドの肉にはミミズ肉やネズミ肉を使っているいう

噂が立てられていますが、これは本当なのでしょうか?

2012年の訴訟以降もそのような噂が絶えません。

よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

ことの発端は…

マクドナルドは、2011年に

アンモニア消毒をした牛肉

使用をやめると発表していましたが、

2012年にジェイミー・オリヴァーが

ピンクスライム

と呼んだバーガー用のくず肉使用中止を発表していました。

マクドナルドのハンバーガーの「肉」が、

動物性脂肪生地とアンモニアから作られていることが証拠付けられたのです。

この「ピンクスライム」こそが世間で騒がれてる「ミミズ肉」正体です。

ミミズに似ている事からこのように呼ばれたのでしょう…

「ネズミ肉」については、調べてみましたが、全くのデマでした。

「ネズミ肉」に関しては誰かの陰謀だったのではないでしょうか!

くず肉の正体。

食肉として解体される牛や豚などの家畜では、様々な部位から様々な名称のブロック状の肉が切り出されるが、そのいずれかに分類されながらも、他の部位に近く肉質が一様ではなかったり、肋骨や脊椎(せきつい)といった骨格周辺で大きなブロック状の肉の塊が得られないため、細かな肉片として削ぎ落とすしかない部位をこのような名称で呼ぶ。

出典:ウィキペディア

またイギリスでは、骨なし成型肉はドッグフードや鶏の飼料にされ、

人間が食べる食品への使用は禁止されているそうです。

ただし、くず肉は、日本のマクドナルドでは使用されていない

と言われています。

とても安心ですね。

ただ、アメリカで20年以上使用され続けてきたことは確かな事実で、

もちろん現在では使用禁止になってます。

スポンサーリンク

それでもファストフードは美味しい。

ファーストフードは、確かに味も濃く、量も多いため、満腹感が得られやすいのですが、

油の量が多く、野菜が少ないため、高カロリーなのにビタミンやミネラルが少なく、

栄養バランスが非常に悪いのです。

また、味が濃く塩分も多いため一緒にセットで買うドリンクも、

ついつい甘いものになってしまったりしがちです。

結果すごく高カロリーな食事になってしまいます。

たまにならファーストフードもよいかもしれませんが、

常食してしまうと危険です。

肥満や生活習慣病の原因にもなりかねません。

また、ビタミンとミネラルが不足することで全身がだるくなったり、

疲れやすくなったりとさまざまな障害が表れてきます。

ファーストフードの危険性

ファストフードを週に2回以上食べると、

糖尿病や心臓病のリスクが強まります。

そして、週に4回以上食べると、

がんや心筋梗塞で死ぬリスクが80%も高まると言われています。

さらに、妊娠中に食べると、

胎児の脳に変化が生じ、

赤ちゃんは過食症になる危険性もあります。

代表的には、

  • 糖尿病

  • がん

  • 心筋梗塞

  • うつ病

の4つが上げられますが他にも様々な悪影響になることは、

間違えではありません。

ファーストフードは、美味しですがほどほどが一番いいです。

体調が悪い時には、控えましょう…

スポンサーリンク