セブンイレブンまたも罰金制度発覚!それでも本部は「関与してません。」

こないだの高校生バイトに対する違法ペナルティーに続き

店員らに「1時間遅刻するたびに罰金6000円」を提示!!

FC店は、他にも違法行為をやっているのではの声も…


よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

今回の事件の前に1月30日に起きた事件のおさらい。

 

女子高生がバイトしていた店舗では、出勤日に休む場合は

「代わりのバイトを見つけなければいけない」

ルールがあり、見つけなければペナルティーとして

罰金が徴収されるシステムになっていた。

この罰金システムは、以前からやっていたという。

このシステムにおかしいと女子高生の保護者が気づき、

ネットの声を聞くためにSNSに明細を公開!

 

 

これに対してお店は

  • 「皆んな納得しているルールです。」

と言い張るだけ、

また、セブンイレブン本部では、

  • 「フランチャイズですのでこちらでは関与しておりません」

明らかに労働基準法に違反するルールであるのにも関わらず本部は、

関与していないと言い張るだけだった…

保護者は、労働基準監督署の元に行き相談するかたちとなった。

この事件はネットでも大炎上し大手メディアでも取り上げられた。

この一件があったのにも関わらずこの事件の後に罰金を作ったセブンイレブンの

フランチャイズ店があり再び炎上している。

スポンサーリンク

新たな違法罰金制度

セブンイレブンのフランチャイズ店で、

「1時間遅刻するたびに罰金6000円」を徴収する制度が2月から開始された。

この制度をある社員がTwitterに投稿し、再び大炎上となった。

※その投稿がこちらです。

 

 

この投稿をした社員は、

  • 「罰金制度はやめるべき」

とオーナーらに完全不定し、それでも無理なのであれば本部に連絡をすると

投稿者は言ったそうです。

この「本部」に言ったとしても先日の事件もそうであったが、

本部は、「フランチャイズ店に関与していない」という言葉が

引っかかります。

また、この罰金制度はいかなる場合であっても遅刻をしたらかならず罰金

とかなり厳しい罰を提示したという。

それにしても、無知すぎる店長ではないかと思います。

この事件で言えることは、オーナー側はただ楽をしたいからバイトや社員達に

過度な責任を押し付けて自らブラックな仕事環境を作ったようにしか見えません。

 

ネットの声

  • 「時給の6倍も払うのは生活ができなくなるだろ」
  • 「いかなる場合も罰金はやばすぎる」
  • 「オーナーは、楽をしたいのかね?」
  • 「高校生の私には衝撃すぎる」
  • 「罰金で溜まったお金はどこに行ったの?」

などの声がありました。

コンビニは行きやすくてとても便利なところです。

この騒動があってもお客さんは来るでしょう。

ただ、働き手が居なくったら潰れてしまいます。

そうならないようにもセブインレブン本部が「フランチャイズ店は関与していない。」

ではなく不正をなくすための努力をして頂きたいです。

あなたはこの騒動をどう思いますか?

スポンサーリンク

関連記事

就活生が面接官の質問に対して「お金さえくれればいい…」の発言が話題に!