『おしっこするのに腎臓いるんだってね。俺の、いる?』そうボードに書いた男性は、親友の元へ向かいます。

テキサス州フォート・ワースで暮らす、グラハム・マクミランさんが用意した『サプライズプレゼント』に世界中が驚いています。

ある日、彼は大切な親友のダニーさんに、特別なサプライズを仕掛けていました。

よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

『親友の命を救いたい!』臓器提供をその場で決断

実は、ダニーさんは生まれつき腎臓の疾患を抱えていました。

その症状は、日に日に悪化しており、移植をしなければ命も危ぶまれる状態になっています。

ある日、ダニーさんはグラハムさんに自身の健康状態を伝えます。

「健康状態が悪化しているんだ。移植希望のリストに名前を載せなければならなくなったよ。」

そんな親友の状態を知ったグラハムさんは、自分の腎臓がダニーさんに移植できるかどうか、こっそり検査をしました。

すると、奇跡的にも適合するとの結果を受けたのです。

ダニーの命を救えることを喜んだマクミランさんは腎臓提供をその場で決断。

”ダニーにぼくの腎臓をあげよう。”

グラハムさんの決断に迷いはありませんでした。

 

親友へ第二の人生をサプライズプレゼント!

親友のダニーさんは、アメリカのテキサス州にあるバイロー・オールセインツ・メディカルセンターで、看護師として働いています。

グラハムさんはメッセージボードを作り、黄色い風船を持ってダニーさんの職場へ向かいました。

彼の持っているパネルにはこう書いてあります。

”おしっこには腎臓がいるんだってね。俺のいる?”

とてもフランクな言い方は、ダニーさんに気をつかってのことことでしょう。

グラハムさんのパネルを見て、驚きを隠せない様子のダニーは感極まって泣き崩れてしまいます。

スポンサーリンク

そしてグラハムさんは 伝えます。

『適合するってわかったんだ!ぼくの腎臓が君の体の中に入るんだよ!』

泣き崩れるダニーさんをしっかりと抱きしめました。

2人の友情に看護師さんたちも、もらい泣きしていたそうです。

 

自分の体の一部を差し出してくれるなんて…。

自分の状態を知って以来、絶望する毎日を送っていたというダニーさん。

腎臓移植が必要なほど追い詰められていた彼は『人生が終わった』と日々、悩んでいいたそうです。

ダニーさんは手術前にこう語りました。

『ぼくが生き続けられるように、自分の体の一部を差し出してくれるなんて…。

グラハムの愛あるこの行動に、本当に感謝している』

そして、移植手術は無事に終わり、2人とも回復に向かっているそうです。

 

2人の絆はさらに深まったのではないでしょうか。

これからも、かけがえのない親友としてお互い助け合っていくのでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

怪我を負ったイルカが助けを求めたのは・・・ダイバーであった。。