余命一週間と宣告された25歳の女性。Instagramへ投稿した『最後のメッセージ』に胸が熱くなる…

ある日、オーストラリアのブリスベンで美容室を経営していたナーディア・ミラーさん(25)は、医師から『余命一週間』だと告げられました。

ナーディアさんは、生まれてから25年間、嚢胞性線維症という遺伝性疾患に苦しんでいました。

おそらく最後になるであろうメッセージをInstagramに投稿し、大勢の人が涙しています。


よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

『嚢胞性線維症』という難病

They ask how you are you, you say your fine, your ok, your a bit sick but you'll get better. They say, "your tough you'll be ok" Behind the scenes, your dying slowly and no one sees, no one knows, you keep it to yourself because very little have proven to show you they truly care when your at your lowest and now you battle on alone in the strength that you've had inside forever. You weigh 34kg and you look like death, you can't eat because your body is shutting down and rejecting everything you invite inside, you are being fed through a NG tube and struggle through the pain of trying to breath day in, day out, your body is a skeleton and you can't hold yourself up for longer than 5 minutes, your bones ache and bruise on everything you touch without force. You don't want to burden people with your problems at any time of year let alone Christmas but some need to know, but how do you tell them? How do you tell your friends and family that this could be your last Christmas, how do you tell them that your thankful for having them in your life, how do you tell them that it's time to face the reality of what your life really is, exactly this, an inevitable heartbreaking end to everything you thought life would be. As you watch your long term hopes and dreams fade away before your eyes, slipping further out of reach you still feel happy, you can't help but feel so incredibly grateful for everything you've accomplished so far, everyone you've met that has made some kind of wonderful impact on you, all your family that have been the backbone of support throughout your entire life and for the person who showed you what true love really looked like and felt like and will always be the keeper of your heart. To your children, or in my case, my fur babies, they are a blessing, a truly amazing small furry gift that bring complete and utter joy to each day on earth and nothing will ever replace or compare to them. Dying isn't pleasant, it's a unknown feeling until your actually feeling it. Until your told those words you never expected to hear unless you've reached the ripe age of 97 years and lived life to the absolute fullest, had children and grandchildren and a husband or

A post shared by Nardya Sinead (@nardyasinead) on

 

ナーディアさんは「嚢胞性線維症」という遺伝性疾患をかかえていました。

この病気は、気道や消化管の粘液、また分泌液の粘り気が強くなり、呼吸困難や消化機能の低下を引き起こす難病たと言われています。

ナーディアさんは、現状をよくするため2014年に思いきって肺移植手術に挑みました。

移植手術後、11ヶ月間は順調でしたが…医師から『慢性拒絶反応を起こしている』と、3ヶ月前に診断されてしまいます。

さまざまな専門治療を試みたが効果はなく、ナーディアさんは「余命1週間」というあまりにも辛い事実を告げられます。

ナーディアさんは、自身のInstagramに、最後のメッセージとして以下のように気持ちを綴りました。

スポンサーリンク

Maybe I've known you my whole life, maybe I've known you for 10 years, maybe I've known you for only a short while, but in just over a week I will never know you again, I will never see your face again, I will never talk to you, touch you, hold you, ever again. But I will always love you, and the friendships we built, and the memories we made. Every single person who has come and gone from my life has been and gone for a reason and I'm the most blessed person to have lived this incredible life that I have. So thank you to all of you who have been apart of my journey in this crazy world. Whether you made my moments good or bad, you made me into the women I am today. Things do not always turn out how you plan in life, there are some really huge things that I will never have, places I'll never go and things I'll never live to see. But I'll be watching. Always. Smiling. Because I was here. I will never give up. As I never have. Now I'm just simply letting go. Details of my funeral will be posted once everything has been organised. Please don't be sad for me. All I wish is to be remembered as the girl who brightened your day at least once. And please I beg you to live your life to absolute fullest. 💗 -N x

A post shared by Nardya Sinead (@nardyasinead) on

 

私のことを生まれた時から知っている人、また10年間知っている人、そして最近知り合った人がたくさんいます。

でも、1週間後にはそんな人たちともう二度と出会うこともできなくなってしまいます。

話すことも、ハグすることも、触れ合うこともできなくなるのです。

私は永遠にあなたたちのことを忘れません。

私たちが築いてきた友情や思い出は決して失われません。

時に人生は思い通りにいかないことがあります。

したかったこと、行きたかった場所、見たかったことなどがたくさん、たくさんありますが、もう叶うことはありません。

でも、これまで諦めなかったように、
今も決して最後まで諦めずに笑顔で過ごしたいと思います。

みなさんは、どうか、自分の人生を充実させてください。

また、ナーディアさんの婚約者であるリアムさんは、臓器移植についてこう語っています。

臓器移植はとても大切なことなんだと、ナーディアはみなさんに知って欲しいと思っています。

臓器移植ドナーがいるからこそ、第2の人生を生きるチャンスを与えられる人たちがいるのです。

移植していなければ、ナーディアさんはこの2年間を生きることはできなかったのかもしれません。

2年という限られた時間でしたが、その日々を持てたのは、”臓器提供者がいたからこそ”という思いがあったのではないでしょうか。

間もなく、25年という短い人生を閉じようとしているナーディアさん。

彼女のメッセージは、人々の記憶に残ることでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

『誰か・・・娘のチューブを消せますか』娘を亡くした父親が望んだ、たった一つのこと

よかったら『シェア』をお願いします!