夜行バス運転手が勝手に仮眠 乗客、約8時間も閉じこめられる

1月20日夜、中国JRバス(広島市)の高速バスで、バスの男性運転手(38)が、予定外のサービスエリアで勝手に仮眠を取り、そのまま6時間半以上も眠り込んでいたことがわかりました。

乗客が110番し、救助を求めましたが、乗客17人が約8時間ものあいだ、車内に閉じ込められた状態に・・・。

また、このバスは、運転手がいないと車外に出られない構造になっていました。


よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

会社にも連絡せず、勝手に仮眠

20日午後8時30分に、JR呉駅(広島県呉市)を出発。

21日午前7時ごろに、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)に到着する予定でした。

ですが、山陽自動車道を走行中、突然体調が悪くなった運転手は、20日午後11時頃、予定していなかった広島県福山市のサービスエリアで停車。

会社に連絡せず、車両下部にある仮眠スペースで横になり、そのまま寝込んでしまったといいます。

しかし、21日午前5時を過ぎてもバスが走っていないことや、運転手の姿が見当たらないことに気付いた乗客が110番通報し、この事件が発覚しました。

また、バスは運転手がいないと車内から出られない構造で、エンジンはかかった状態で、車内の暖房はついていたといいます。

中国JRバスの公式ホームページでは、「貸切バス事業者安全性評価認定制度」という、安全で優良なバス会社かどうかを示す制度に対し、最高ランクである「三ツ星」を取得していると強調しています。

スポンサーリンク

乗客が110番通報し発覚

午前5時40分ごろ、乗客が警察に通報し、助けを求めます。

その後、代わりの運転手がJR福山駅までバスを運行し、乗客全員が新幹線で大阪方面に向かいました。

バスに乗務していた運転手は1人で、出発前の点呼で体調に異常はなかったが、その後、病院で風邪と診断されていたといいます。

同社の担当者は「所定の時間に到着できなかったことをおわびし、今後、乗務員の管理を徹底したい」と話しているといいます。

 

ネット上では

Twitterなどネット上では、この運転手の行動に議論を呼んでいます。

  • 会社に連絡くらいしろよ
  • 連絡しないとこはまずかったけど「このまま運転したら事故を起こしてしまう」と判断したのは偉い
  • 会社に連絡しなかったのは確かに落ち度だろうとは思うけど、無理して事故にならなくてよかった
  • やっぱり交代要員は必要
  • 勇気をもって運転を止めた運転手はエライと思う
  • 事故を起こすより千倍マシ
  • 乗客が無事でよかった

など、厳しい意見も見受けられました。

スポンサーリンク