和田アキ子、生放送中に「狩野に電話を」視聴者からは疑問の声

1月22日、テレビ番組「アッコにおまかせ!」では、狩野英孝(34)の謝罪会見について取り上げました。

その際、タレントの和田アキ子(66)は、狩野の事務所の先輩にあたる出川哲郎(52)に対し、「狩野に電話してみたら?」と要求。

出川は、困惑しながらもスマートフォンから狩野へ電話をかけました。

この行為に対し、「これはパワハラではないか」などとネット上で物議を醸しています。


よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

謹慎中の狩野へ「電話」を要求

今回、17歳の女子高生との淫行疑惑があり、謹慎を発表した狩野英孝。

番組では、21日に行われた”狩野英孝の謝罪会見”について特集します。

出演番組の放送が中止になるなど、さまざまな影響が出ていることについて、和田からは「大変やなぁ」と話を振られた出川は「事務所としては謝りたい」と頭を下げていました。

また、「先輩としてどうなの?」といった質問には、「僕はリアルにまだ連絡ないので。」「僕から連絡してもテンパってると思うので、もうちょっと落ち着いてから話そうかなと」などコメントしており、出川からの連絡を控えていることを明かしました。

しかし、和田は「ちょっと電話してみて。家で見てると思う」と促します。

その提案に「いやいや・・・」「(昨日から)謹慎中なので」と困惑する出川に、

和田は「謹慎中イコール電話も出たらあかんの?一応、電話出るかどうかだけ。おまかせ準レギュラーやから」と続けました。

そんな中、スタッフが出川のプライベートのスマートフォンをスタジオに届けます。

出川は「いやいやいやいや…」と戸惑いながらも、抵抗を諦め「狩野、ごめんな…」と謝りながら、やむなく狩野に電話をかけました。

スポンサーリンク

結果は、「留守番電話サービス」につながり、狩野に話を聞くことはできませんでした。

ですが・・・出川がホッとした表情を見せると「ほんまに掛けた?」と、和田からはまさかの追い打ちが。

この言葉には「サバンナ」高橋茂雄(40)からも「怖い…」の言葉がこぼれていました。。

 

ネット上では疑問の声が

Twitterなどネット上では、生放送で謹慎中のタレントに電話をかける行為について厳しい意見が。

  • 「これはパワハラ」
  • 「出川さん、落ち着いたら話そうと思ってるってわざわざ言ってるのにね」
  • 「無期限謹慎発表の翌日だよ? 生放送で電話するかね普通」
  • 「しかもスピーカーフォン」
  • 「そっとしといてやれよ」
  • 「これが大人のやることか」

など、厳しい意見が多く見うけられました。

スポンサーリンク