『誰か・・・娘のチューブを消せますか』娘を亡くした父親が望んだ、たった一つのこと

産まれたばかりの我が子を亡くした父親からの願いが、世界中の人々の心を動かします。

ある日、アメリカ最大級の掲示板と呼ばれる”reddit”と、画像共有サイトである”imgur”に、あるメッセージが投稿がされました。

 


よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

 

父親の願い

私の娘は最近、子供病院での長い戦いの末に亡くなりました。

彼女はずっと病院にいたので、私たちは娘の酸素チューブなしの写真を撮ることができませんでした。

誰か、この娘の写真からチューブを取り除くことができますか?

この投稿をしたのは、オハイオ州カライダ在中のナザンさんという男性でした。

ナザンさんの愛娘ソフィアちゃんは、2014年5月30日に生まれました。

しかし、検査の結果、彼女は”肝血管腫”という稀な疾患があるということが明らかとなりました。

ソフィアちゃんは、すぐに子供病院から別の病院に移されましたが、残念ながら、生後わずか6週間でこの世を去ってしまいました。

ナザンさんは、生後6週間の娘を写真に収めます。

ですが、彼女の小さな口には、大きな酸素チューブが差し込まれていました。

そこでナザンさんは、ネットの掲示板などを利用し、ネット上にいる不特定多数の人々に依頼をします。

ナザンさんは、このチューブを誰かにフォトショップで消してほしかったのです。

View post on imgur.com

すると、次々とソフィアちゃんからチューブが取り除かれた写真が、同サイトのスレッドにアップされていきました。

ソフィアちゃんの似顔絵を描いた人もいました。

スポンサーリンク

それらはすべて、見知らぬ人たちからでした。

ナザンさんは、1つ1つのメッセージに対して丁寧に返事をしており、今でも同じような経験をしたという親と連絡をとっているそうです。

 

 

世界中の人の心が動いた

この話は、もう3年前のお話になりますが、未だに様々なメディアで取り上げられています。

この父親の願いに、世界中の人たちの心が動きました。

  • 「病院の背景の代わりに、もっと素敵な背景に変えてみました。心からお悔やみを申し上げます」
  • 「あまり色をつけるのが上手くないので、白黒にしてみました」
  • 「依頼を見て、何もせずにはいられなかった。じゃないと眠れないところでした」
  • 「フォトショップは使えないけど、絵が得意なのでスケッチを描いてみたの」

 

写真に添えられた人々の言葉から、彼らの“なんとかしてあげたい!”という優しい気持ちがひしひしと伝わってくる。

ネットの世界は、いろいろな問題もあり時にはトラブルが起こることもありますが、こういった素晴らしいことも起きるのです。

時には、不可能を可能にすることができる、それがインターネットで多くの人たちが繋がることのできるSNSの力なのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

「金曜日の朝、どうかシッポを振らないでくれ…」殺処分しなければならない職員の叫びに心が痛む

よかったら『シェア』をお願いします!