TOKIO・山口達也が“最高ランク”の絶滅危惧種を発見!「専門家でも見たことがないほど希少」

人気グループ・TOKIOの山口達也さんが、1月22日に放送される『ザ!鉄腕!DASH!!2時間SP』の収録中に、東京都では最高ランクに位置づけられるほど希少な、絶滅危惧種『スナヤツメ』を発見したことがわかりました。

今回、放送される同番組の「DASH海岸」という企画の中で、山口達也さんが、番組史上、最もレアな絶滅危惧種を発見。

撮影に同行した専門家の木村氏は「専門家でも見たことがないほど希少な状態での発見」だとコメントしています。


よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

希少な絶滅危惧種を発見

今回、リーダーの城島茂さんとともに多摩川上流で、アユの生態調査へ向かった山口さん。

このシリーズでは毎回、TOKIOのメンバーが希少な絶滅危惧種を発見し、ネットなどで話題になっています。

今回は山口さんが絶滅危惧種を発見しました。

アユの生態調査に見つけたのは、東京都では絶滅危惧種の最高ランクに位置づけられる、『スナヤツメ』という淡水魚雨です。

ヤツメウナギ目ヤツメウナギ科の淡水魚『スナヤツメ』

(東京都:絶滅危惧種I類、環境省:絶滅危惧II類)

スナヤツメは、ヤツメウナギ目ヤツメウナギ科の淡水魚です。
スナヤツメは水の汚れに弱く、また、工事などで流れの緩やかな場所が消失したり、落ち葉等の有機物がたまるような場所が失われると生息できなくなります。
近年では、河川改修などによって、ほとんどの生息地で生息環境が悪化し、生息数も減少しているようです。
スポンサーリンク

2015年9月以来、2度目の大発見となりました。

前回と違い、さらに珍しい姿とされる”パッチリ目が開いている状態”での発見となりました。

撮影に同行した専門家の木村氏は、専門家でも見たことがないほど希少な状態での発見だとコメントしています。

“一生に一度見られるかどうか”

(こちらの画像は2015年9月放送のもの)

山口さんがスナヤツメを発見するのは2015年月に続き2度目。

これまでにも、同番組のロケで、”トウキョウサンショウウオ(東京都 絶滅危惧種1類)”や、世界的に発見事例が少ない”幻の深海魚・ミツクリザメ”、そして“一生に一度見られるかどうか”の多摩川のスナヤツメを2回もカメラの前で発見してしまった山口さん。

木村氏は、

「図鑑でしか見たことがなかった幻のスナヤツメを、番組のロケで二度もお目にかかれるとは…本当に驚きです。恐らく今回の発見は、全国の川で活動する研究者にとって垂涎の的になると思います」

と感嘆の声を上げていました。

スポンサーリンク