「たった1万4千円?(笑)」婚約指輪を店員に見下された花嫁・・・その返答に胸がスカッとする!

アメリカ・テネシー州に住む22歳のアリエル・ディジリーさんがFacebookに投稿した文章が反響を呼び、話題になっています。

2年間の交際を経て、いよいよ結婚という時に、その出来事は起こりました。

「親友と結婚できるだけで幸せだから指輪は要らない」というアリエルさんに、ケジメだからと指輪を贈ろうとした恋人のクインさん。

クインさんはアリエルさんに指輪を贈るため、密かに貯金していました。

それならばと、二人は婚約指輪を選びにあるジュエリーショップへ訪れるのですが・・・。


よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

アリエルさんは、コミュニティサービスの事務所に勤め、クインさんは、教師を目指し学校に通いながらも、中古車ディーラーで働いています。

あまり、生活に余裕はなく、倹約を意識ながらも慎ましく暮らしていました。

そして、2年間の交際を経て、2人は結婚を決意しました。

2人は婚約指輪を購入するため、ジュエリーショップに向かいます。

心躍らせて会計を待っている間、店員さんのありえない言葉を耳にしてしまったのです。

130ドルの指輪を婚約指輪に買うのよ。ありえないわ。信じられる?

二人が選んだ130ドルの指輪をバカにしたように笑った店員。

ジュエリー店で2人が選んだのは、シルバーとキュービックジルコニアのリングでした。

クインさんの顔はみるみる曇り、がっくりと肩を落としてしまいます。

そして「本当に君はこれで幸せなの? これで満足してる?」と不安そうに聞いてきたといいます。

アリエルはその女性店員に対し、

「重要なのは指輪そのものや値段ではないの。重要なのは指輪を買ってあげたいと思ってくれた気持ち。それを買う、という愛こそが大切なのよ。」

と反論し、指輪を受け取ってその場を立ち去りました。

スポンサーリンク

そのまま、お店を後にしたのですが、彼女はある疑問をfacebookに投げかけたのです。

私達の国はいつから、男性が3,000ドル以上の派手な指輪を買わないと愛を伝えられないような国になってしまったんでしょう。

指輪は本当に素敵で、あのときの気持ちは最高だった。

他の人たちの体験に勝るとも劣らないものだった。

なぜモノが愛と同一視されるのでしょうか。

私の夫は、宝石を買う余裕がなかったから私に嫌われるのではないかと考えました。

私が欲しい指輪を買えなかったから、私の愛が薄れるのではないかと恐れました。

世間がこのようにしてしまったんです。

本当に悲しいことです。

でも、結婚の誓い、130ドルの指輪、夫からのたくさん愛情は、セレブでもないし、平凡だけれど、想像していたよりずっと幸せなんですよ。

彼女のこの投稿は、多くの人の共感を呼び、65,000回を超えるリアクションを得ました。

  • 「なんて素敵なストーリー」
  • 「高価な指輪でしか愛を伝えられないなんて本当に悲しいわ。そんな人になりたくないし、そのような相手を選びたくない。もし、選んだとしたら男を見る目がなかったと思うわ」
  • 「高価な指輪をねだるなんてただの見栄だよ。真実の愛を知らないんだ」
  • 「身の丈に合うものを選択したことはとても賢い」
  • 「リングの値段で結婚するんじゃないのに…なぜそんな世の中になってしまったのかしら。」

といったコメントや、

  • 「私の指輪も見て」
  • 「私のは25ドルだったのよ」

など、シルバーやジルコニアの指輪の写真も、次々寄せられていました。

スポンサーリンク