極寒の中、身動きできずに20時間・・・死にかけた男性を救ったのは愛犬だった

米国ミシガン州に住むボブさんは、愛犬の懸命なある行動により九死に一生を得ました。

それは、冷え込んだ大晦日の夜に起こりました。

庭で足を滑らせたボブさんは首を折り、積もった雪の中に倒れて動けなくなってしまいます。

そこへ駆けつけたのは愛犬のケルシーでした。


よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

自宅の敷地内で転倒し、動けなくなった飼い主


ミシガン州にある病院、McLaren Northern Michiganが1月10日にこんな記事を掲載しました。

大晦日の夜、ボブさんは自宅で愛犬のケルシーちゃんとともにテレビを見て過ごしていたといいます。

22時を過ぎたころ、テレビがCMに入ったタイミングで、暖炉の薪を取りに外へ走って出たボブさん。

この日、氷点下4度と凍えるような寒さでしたが、一瞬だけ外に出る予定なので、軽装で外へ出たそうです。

しかし、もう少しで屋内というところで転倒し、首の骨を折ってしまいました。

大きな声で助けを呼んだボブさんですが、隣近所までは距離もあり、すでに時間は夜の22時30分。

そんな中、飼い犬のゴールデンレトリバー・ケルシーちゃんだけが助けにやってきます。

ご主人様の異変に気付いたケルシーちゃんは、顔や手を舐め、意識を失わないよう必死に介抱。

その間も、助けを呼ぼうと朝方まで吠え続けていました。

決してボブさんから離れず、ずっと自分の身を寄せ彼を温め続けていたといいます。

その時の気温は―4.5度。雪も積もっていたそうです。

そんな中、ケルシーちゃんは諦めませんでした。

実に20時間にも渡って、ボブさんを温め、そして動けないボブさんの代わりにほえ続けて助けを呼んだのだといいます。

助けを求める声もかすれ始めた1月1日の夜6時半、とうとうケルシーちゃんの声に気づいた隣人が、ボブさんを救出しました。

「朝方もうすでに私は声も出ませんでした。

ただケルシーだけは吠え続けてくれていました。

尋常ではない吠え方だったので近所の人も気付いたのでしょう、

私が発見されたのは元旦の夕方6時30分をまわっていました。」

スポンサーリンク

奇跡の救出劇

 

病院に搬送されたとき、ボブさんの体温は21度を下回り、死の直前でした。

そんな状態にも関わらず、ケルシーちゃんのおかげで凍傷も一切ありませんでした

ボブさんはケルシーちゃんと医師を「ふたりのヒーロー」と呼び、感謝を示しています。

首の手術後、順調に回復に向かっているボブさん。

ミシガン州の病院のカイム・コーレン医師も「今回は本当に犬に助けられたケースでした。幸運でした。」と奇跡の救出劇に感嘆の声を上げています。

スポンサーリンク

関連記事

『誰か・・・娘のチューブを消せますか』娘を亡くした父親が望んだ、たった一つのこと

よかったら『シェア』をお願いします!