狩野英孝(34)「未成年淫行」疑惑で活動自粛へ・・・

1月20日、写真週刊誌「フライデー」が、お笑い芸人の狩野英孝さん(34)と未成年との「淫行疑惑」を報じています。

相手の女性は、昨年末までアイドルとして活動していた17歳の高校2年生で、情報源はMさんの知人のA氏。

狩野さんのファンだったといいます。

知人のA氏によれば、2人は”半同棲状態で性的関係もあった”と明かしています。


よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

フライデーされた経緯
「狩野英孝 フライデー」の画像検索結果

同誌によると、Mさんは千葉県の通信高校に通う17歳。

Mさんは地下アイドルとしても活動しており、狩野さんのライブにも通い、差し入れするほどのファンだったといいます。

Mさんは狩野さんのツイッターをフォローしており、去年5月、狩野さんからツイッターのDMでやりとりを行い、後にLINEでも連絡を取るようになったといいます。

知人A氏による証言①

「Mはもともと狩野のライブに差し入れするほどのファンだったんです。
もちろん彼のツイッターもフォローしていました。
ライブに通うMのことが気に入ったのか、去年5月に狩野のほうからツイッターで『いつも応援してくれてありがとう』とDM(ダイレクトメール)が送られてきたそうです。
それからDMを通して連絡を取り合うようになった。」

 

また、Mさんは自身のTwitterで、以下のような投稿をしています。

加藤紗里が過去に狩野英孝の部屋で写真を撮っていたのですが、その写真を真似しているようですね。

そして遂に、Mさんは狩野さんの自宅へ行くようになったようです。

11月上旬には半同棲状態となり“性的関係もあった”と証言されています。

スポンサーリンク

知人A氏による証言②

「最初は、狩野が後輩と飲んでいる時にMを呼び、ご飯を食べるだけの関係でした。ところが7月に入って、狩野からLINEで『会いたい』とメッセージが来たんです。
Mは彼の自宅に行き、その時から二人は急接近したようです。

11月上旬になると、Mは狩野の家に入り浸り状態。

当然セックスもしていたみたいですけど、狩野はゴムアレルギーらしくコンドームは付けなかったようです。
彼にはSっ気があって、たまに首を絞められながらプレイしたこともあるといいます。」

Mさんは自身のTwitterで、狩野英孝と一緒に寝ているツーショット写真を撮っているようです。

狩野英孝は

狩野さんは、Mさんが自宅マンションに泊まったことを認めているが、肉体関係を聞かれると「それは……ないです」と否定しています。

また、「彼女は出会ったときから『22歳です』と言っていた」答えています。

昨年11月に17歳と知ってからは、2人では会っていないといいます。

この報道について、狩野さんの所属事務所は「この度、1月20日発売のフライデーにて弊社所属の狩野英孝の淫行疑惑の記事が出ました。この件に関しまして狩野英孝本人から皆様に直接ご報告させていただきます」と明かしています。

スポンサーリンク