知ってる!?冬の時期に鼻くそをほじったら危険なわけ?

冬ってなぜか鼻くそが溜まりやすい季節ですよね。

しかも冬の鼻くそはかたくて、それを取り除こうとすると、

鼻血が出ることもありますよね。

鼻くそは見た目的にも不潔ですし、みっともないですし、

嗅覚は鈍りますし、防げるものならば防ぎたいと思うのは普通です。

そこで「鼻くその原因」とそこから起きる「感染病」を調べてみて、

冬の鼻くそ対策をご紹介します。


よかったら『いいね!』を押してね!

スポンサーリンク

鼻くその原因

鼻くそは鼻水が固まったもので、鼻水は呼吸することによって入ってきた

ホコリなどの異物を排出する体の働きです。

ホコリなどの異物をからめとった鼻水が

固まったものが鼻くそとなります。

鼻毛と鼻水、鼻粘液はフィルターの役割を果たしており、

たまったゴミが鼻くそというわけですね。

例えると、エアコンや空気清浄機などのフィルターに

ついたゴミのようなものが鼻くそというわけです。

 

感染症に原因

鼻をほじる習慣は、感染症の接触感染を招く可能性もあります。

2009年の新型インフルエンザの就航の際には、

鼻ほじりを介した感染への対策として、

  • 手の洗浄
  • 消毒

が呼びかけられ、鼻ほじりそのものも厳禁とされました。

また慢性副鼻腔炎などの葉なの病気があると

粘度の高い粘液がたくさん分泌されるため、

鼻くそが溜まりやすくなります。

そこに多くの雑菌が増殖し、そのため毛嚢や皮脂線に感染が起こり、

鼻前庭湿疹や鼻せつという鼻のおできができやすくなります。

鼻の血管は顔全体そして嚢に近いところを恥じる血管とともに交通しているため、

この血管を通じて感染が広がり面疔になってしまうこともあります。

眼窩や鼻腔、副鼻腔など薄い骨を隔てて脳に近い場所に面疔ができてしまうと、

場合によっては髄膜炎や脳炎などを併発し死に至る可能性も少なくありません。

鼻前庭湿疹や鼻せつは刺激するとよけいに悪くなりますので、

鼻をほじる、鼻毛を抜くなど刺激を与える事はやめましょう。

スポンサーリンク

鼻くそ詰まりの防止

話は簡単ですが

1.お部屋のお掃除をする

2.空気清浄機を利用する

3.加湿器を利用する

4.少しでも鼻水の気配がしたらティッシュを用いる

これで鼻くそ溜まりの防止になるそうです。

ですが、ほとんどの方は都内などの汚い空気の中に

小さなゴミが飛んでいるため鼻くそがたまりやすいです。

都内で働いている方、住んでいる方は、マスクするなどをしましょう。

同時に風邪や病気の予防にもなるのでオススメです。

鼻ほじりの癖を直す

当サイトの方で癖を直す方法を探しましたが結局は生活習慣の問題でした。

「自分で気をつける」

「他人から指摘してもらう」

そのどちらかしかありません。

癖はすぐに治せないものです。

あなただけではありませんので。

ですが、これは決して良い癖ではありません。

もし、貴方が

「人前で堂々とほじってしまう」

タイプであり、その自覚があるのであれば、今すぐ止めて下さい。

以上が「鼻くその原因」とそこから起きる「感染病」の対策でした。

スポンサーリンク

よかったら『シェア』をお願いします!